北千住にある整骨院です。関節や筋肉の痛みやはり 交通事故 ぎっくり腰 寝違え むち打ちなどでお困りの方におすすめします

手・指の疾患

手・指の疾患

TFCC障害(手首の痛み)

手首の小指側には TFCC(三角繊維軟骨複合体)という手首の動きを円滑にしたり衝撃をやわらげたりするクッションのような役割をする組織(靭帯、関節円盤の複合体)があります。

転んで手をついたなどのケガや、使いすぎなどによってこの部分が損傷した状態をいいます。

症状としては手首を回したりする動作(ドアノブを回す)などで手首の小指側が痛みます。

治療は使いすぎにより痛みが出ている場合は、患部組織の消炎と修復を目的に超音波治療、マッサージ、テーピングなどを行います。
超音波は深部の軟骨組織の修復を早める作用があり、テーピングは生活に支障がないよう配慮しながら行います。

ドケルバン(腱鞘炎)

手首の親指側でおこる腱鞘炎です。

親指には幾つかの腱がついていますが、そのうちの二本が手首の親指側にある腱鞘の部分で炎症を起こして腱の動きがスムーズでなくなり痛みと腫れが生じます。

手を多く使う人や親指をよく使う仕事の人に多く、妊娠出産期や更年期の女性にも多くみられます。

治療は患部の消炎・修復と筋肉・腱の緊張緩和を目的に超音波治療、温熱療法、マッサージ、テーピングや装具療法などをおこないます。

CM関節炎

CM関節は親指の付け根にある関節で、つまみ動作おこなうために重要な関節です。
物をつまむ動作やビンのふたを開けるなど親指に力を入れる動作で親指の付け根が痛みます。
原因としては親指の使いすぎや加齢によって炎症を起こします。
治療は患部の消炎を目的に超音波療法やマッサージなどを行います。親指の安静が大事ですが仕事や生活もありますので、患部に負担をかけないようテーピングや装具療法なども行います。

ばね指

指を曲げて伸ばそうとすると指がばねのようになってうまくのびず、急に指が伸びたときに痛みを伴なったりします。
女性に多く、指を酷使することも原因になります。親指が一番多く、中指や薬指にもみられます。
指には指を曲げ伸ばしするための腱というロープのようなものがあります。さらに腱を押さえるためのトンネルが腱鞘で、この間で炎症がおき腫れてきて引っかかりがおこります。
治療法には保存療法(手術をしない方法)と手術があります。
当整骨院では患部の消炎と腫れを消退し、腱の動きがスムーズになることを目的に超音波療法、マッサージなどを行い、患部の安静保護のためにテーピングなども行います。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional