北千住にある整骨院です。関節や筋肉の痛みやはり 交通事故 ぎっくり腰 寝違え むち打ちなどでお困りの方におすすめします

脚・膝の疾患

脚・膝の疾患

膝蓋靭帯炎(ジャンパーズニー)

スポーツ等でジャンプやダッシュ、キックなどの繰り返し動作により膝蓋骨と脛骨をつなぐ靭帯が炎症をおこす疾患です。
バスケットボールやバレーボール、高飛びや幅跳びなどの陸上競技、サッカーなどのスポーツによくみられます。
症状はジャンプやランニングの時に膝蓋骨(膝のお皿)の下もしくは上が痛み、腫れや熱をもつこともあります。初めのうちは運動中や運動後に痛みがありますが、症状が進行すると歩いただけで痛むこともあります。
痛みの強い時は安静、休息が必要です。治療は患部の消炎のために超音波治療や消炎マッサージと、四頭筋(太ももの筋肉)が硬くなっていることが多いのでマッサージなどにより筋肉を緩める治療も行います。テーピングなども有効です。
スポーツを再開する時はストレッチにより四頭筋や股関節をよく伸ばしてあげることが大切になります。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

長距離ランナーに多いで、膝の曲げ伸ばしの動作の反復により膝の外側の靭帯と骨との摩擦により炎症を起こす障害です。
急激な走行距離の増加などのオーバーユースや筋肉の柔軟性の低下も原因になります。
症状はランニング後、またはランニング中に膝の外側に痛みで休むと痛みは消失します。
治療は痛みが長期化しないためにもランニングの休止が必要です。当整骨院では患部の消炎のために超音波治療や消炎マッサージ、ストレッチなどを行います。

鵞足炎

膝の曲げ伸ばしのときや運動時に膝の内側が痛む障害で、野球、サッカー、バスケットボール、水泳の平泳ぎなどのスポーツでみられます。
膝の内側には半腱様筋腱、縫工筋腱や薄筋腱などの腱が集まり脛骨に付着していますが、膝の曲げ伸ばしの動作により摩擦がおきて炎症を起こします。とくに膝の曲伸時に膝が外反や外旋動作が加わったときにおきやすいといわれます。
症状はランニングやジャンプなどの運動や膝の曲げ伸ばしの動作、大腿裏のストレッチをした時に痛みますが症状が強くなると安静時にも痛むことがあります。
当整骨院では患部の消炎のために超音波治療や消炎マッサージと、鵞足とつながるハムスト筋や内転筋をマッサージなどにより筋肉を緩める治療やストレッチ、テーピングも行います。

オスグット病

10才~15才の成長期でジャンプやボールを蹴るスポーツを盛んにされているお子さんによくみられます。
脛骨結節(お皿の下の出っ張ったところ)に腫れと痛みを訴えます。
ジャンプやダッシュ、キックなどの膝を伸ばす動作の繰り返しにより大腿四頭筋の大きな牽引力が脛骨結節の骨の成長に大切な軟骨部にかかり障害をおこします。
成長期は骨の成長が早く、成長のスピードが筋肉や腱がついてゆけず、相対的に大腿四頭筋が硬くなりやすいために患部の負荷がさらに大きくなります。
治療は患部の消炎と大腿四頭筋の緊張を緩和する目的で行います。
四頭筋の柔軟性が大切になりますのでスポーツ前と後のストレッチと、患部のアイシングが予防になります。
また、オスグット用のサポーターも有効です。

シンスプリット

脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれ、ランニングやジャンプを繰り返し過度に行うなどのオーバーユースにより発症しやすく、新学期などで新しく競技を始め、極端に運動量が増えた時期に多くみられます。
また、硬い路面での練習や、疲労により筋肉が硬くなると筋肉の牽引力が強まり炎症を引き起こしやすくなります。
症状はすねの下1/3に脛骨にそって痛みを生じます。始めは運動開始と運動後に痛みを生じ、進行すると運動中常に痛むようになります。
急性期はランニング等を休止します。
治療は患部の消炎と、下腿の筋肉の緊張の緩和を目的として行い、足の形態によりテーピングを行うこともあります。
症状が軽快し、運動再開後も再発防止のためにもストレッチをよく行い、運動後はアイシングも行います。


アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎

スポーツなどでのオーバーユースによりアキレス腱部に腫れと痛みをきたしたものです。
始めは運動後や起床時の歩行開始のときに痛みを生じますが、進行すると安静時にも痛むことがあります。
症状が軽いうちは走れなくもないですが、進行し慢性化しないよう休養が大切です。
当整骨院では患部の消炎治療と下腿の筋肉の緊張緩和を目的に超音波治療やマッサージ等を行います。
また踵に足底板を挿入やテーピングなどで患部の負担を和らげます。
症状が改善し、スポーツ再開後は運動前後のストレッチと運動後のアイシングが大切です。


ふくらはぎの肉離れ

瞬発的な強い筋肉の収縮により筋組織が耐え切れずに断裂したものをいい、30代以降のスポーツ愛好者にも多くみられます。
日常生活でも、高い所からの着地や急いで走った時などでも起こります。
ダッシュやジャンプなどで地面を強く蹴る際、膝が伸展した状態に腓腹筋の伸張力が加わり、筋繊維の断裂が発生します。
腓腹筋とアキレス腱の移行部に多く、患部の圧痛と腫脹があり時間の経過とともに皮下出血もみられます。
治療は患部の回復促進と筋肉全体の柔軟性維持のために超音波や手技療法、ストレッチなどを行います。
患部は硬結というしこり状のものを触れ、硬結の消退が治療の目安の一つになります。
断裂部はまず、瘢痕組織という「かさぶた」のようなもので仮修復され、それが徐々に筋組織に入れ替わり修復されます。その間、患部は痛みが引いてきていても組織の耐久力が弱いため、早い時期にジャンプやダッシュなどにより再受傷することがあり、スポーツの復帰は状態と時期をみながら段階的に行います。


こむらがえり

ふくらはぎに起こる筋肉の痙攣ですが、激しい運動の後や就寝中に起こりやすいです。
原因としては筋肉疲労、水分不足、冷え、ミネラルやビタミン不足などですが、妊娠中も発症しやすいといわれます。
応急処置としては足の親指を自分の方へ引き寄せる、軽いマッサージや温めるなどで、
スポーツの場合は水分やミネラル補給、運動後のストレッチを行います。
ほとんどは病気と無関係に起こりますが、まれに他の疾患により発症することがあり頻繁に繰り返す場合などは注意が必要となる場合があります。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional