北千住にある整骨院です。関節や筋肉の痛みやはり 交通事故 ぎっくり腰 寝違え むち打ちなどでお困りの方におすすめします

腕・肘の疾患

腕・肘の疾患

テニス肘

仕事などによる手の使いすぎや、テニスのバックハンドの衝撃の繰り返しにより腱に、肘の外側にある腱に炎症がおこり発症します。
タオルを絞ったり、物を持ち上げるどうさによって痛みを生じます。
治療は患部の消炎と筋肉や腱の緊張を和らげる目的で、超音波治療・マッサージなどをおこないます。
お仕事などで手を酷使される方やスポーツを休めない方は患部の負荷を和らげる目的でテニスバンドやテーピングなどを使用する方法もあります


ゴルフ肘

テニス肘同様に手を使うスポーツによる負担やお仕事による手の使い過ぎなので起こります。
肘の内側の腱の炎症による痛みで、治療は消炎と腱組織の修復のために超音波治療と、筋・腱の緊張緩和のためのマッサージを行い、状況によりテーピングやエルボバンドを使用することもあります。


野球肘

野球の投球動作の繰り返しによる肘への負担でで発生します。
野球肘には内側型と外側型と後方型がありますが、一番多い内側型について説明します。
投球時には肘の内側に牽引力がかかり、靭帯や筋・腱などに負担がかかり障害が起こります。小中学生の場合では肘の成長する軟骨の部分がに損傷がおこることが多いです。
治療は患部の消炎と腱の組織の修復の為に緊張緩和を目的に超音波治療を行い、筋の緊張緩和のためにマッサージ・温熱療法・ストレッチなどをおこないます。


肘内障(子供の肘の脱臼)

小児多い脱臼で、急に腕を引っぱったりした時などによくおこります。
橈骨という骨が靭帯から外れることにより発症します。突然痛がり、腕をおろしたまま手を使ったり動かしたりしません。
整復によりすぐに元に戻り、痛みもなくなります。
小学生位になれば靭帯がしっかりしてきますので、自然とはずれなくなります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional